新旧ポータルにおける”取り込み”機能について

Posted on

JMT 松野です。

今回は、Microsoft Azureの新旧ポータルにおける違いの1つである

“取り込み” に関する機能について投稿します。

 

旧ポータルでは、対象の仮想インスタンスのダッシュボードにて、

“取り込み” というボタンが存在していたかと思います。

 

こちらの”取り込み”機能、バックアップやイメージのテンプレート化に

非常に有効な機能である為、管理者にとって非常に有り難い機能でした。

旧ポータル_取り込み画面

 

 

 

 

しかし、新ポータルではこの”取り込み”機能が排除されてしまっており、

実施する為には、PowerShellでの操作が必須となります。(手間がかかる仕様となってしまいました)

新ポータル_取り込み画面

 

 

 

次回の投稿では、実際にPowerShellを利用してどう管理するかをご紹介できればと考えてますが、

今回は “取り込み” 機能に関するプチ情報をご紹介したいと思います。

 

新ポータル上で “取り込み” 機能が全て排除されたか、というと実はそうでもなく、

旧シリーズとなる「仮想マシン(クラシック)」というサービス上では、 “キャプチャ” という名称で機能が利用出来ます。

 

「仮想マシン(クラシック)」とは・・・

旧ポータルで作成した仮想インスタンスに対して、新ポータルで管理する場合に利用するサービス名称。

ちなみに、新ポータルで管理される新しい仮想インスタンスは、「Virtual Machine」というサービス名称で管理されます。

 

新ポータル_キャプチャ画面

 

 

今後、「仮想マシン(クラシック)」から「Virtual Machine」へシフトしていく流れではありますが、

ちょっとした開発環境や検証環境レベルのサーバを作成し、バックアップやテンプレート化として利用する

ケースであれば、あえて新ポータルで「仮想マシン(クラシック)」を利用する、という選択肢もアリだと思います。

 

また、新ポータルからの「仮想マシン(クラシック)」作成であれば、

“プレミアムストレージ” が利用出来るDSシリーズやFSシリーズも選択可能なので、色々と試せるのではないかと思います。

# 旧ポータルでは、DS/FSシリーズは選択不可

 
「プレミアムストレージ」とは・・・

高速な読み書きが必要なサーバに対して、SSD(処理が高速)を利用した領域を提供するストレージサービス。

 

では、次回の投稿は上記の通り、

実際にPowerShellを叩いて、”イメージの取得”を試してみたいと思います。

LINEで送る

JMTechnology Everywhereプログラムのご案内

Posted on

皆様、はじめまして。

JMTの松野です。

 

私からの投稿は “Microsoft Azure” に関する内容をメインに

技術情報や社内活動を積極的に発信していきたいと思います。

 

今回、ご案内させて頂く内容は、

「JMTechnology Everywhereプログラム」 です。

 

「JMTechnology Everywhereプログラム」 とは・・・・

“Microsof Azure(以下、Azure)”の導入を検討されているお客様、

もしくは、Azureを導入したが上手く活用できてないお客様向けの3日間Azureトレーニング、で御座います。

実施内容は、以下の通り。

20160531_001

 

3日目の最終日には、お客様のAzureで実現したい内容に対し、どういう検討が必要で

どう実現出来るか、どう進めていくか、といったロードマップを提示致します。

 

このプログラムの最大の特徴は、我々JMTechnology が展開するこのプログラムが、

マイクロソフト社が提供するプログラムと同レベル以上である、という点にあります。

 

JMTechnology は、マイクロソフト社の本家プログラムを代行するパートナー会社である為、

「トレーニング内容や技術情報について、同レベル以上のものを提供できる」、というカラクリです。

 

 

この度、マイクロソフト社より正式にサービス化の許可を頂きましたので、

「JMTechnology Everywhereプログラム」 という名称でサービスイン致しました。

 

Azure の大規模利用を検討、もしくはプレミアムサポート加入が前提となる本トレーニング、

JMTechnology からは、”Azureにご興味あるお客様” に積極的に実施してまいります。

ご興味ある方は是非、ご連絡ください。

===

お電話番号: 03-6826-8749

メール: Azure-EveryWhere@jmtech.co.jp

===

 

皆様のご連絡、心からお待ちしております。

LINEで送る